" 車を売りたいとき忘れてはならない高額売却術

車を高く売りたい時の必勝法は一括査定を利用すること

車 売る

・転勤などで車を売りたいが損をしたくない
・新車への乗換えではないので下取りには出せない
・車買取店に出向いて査定をしてもらいたいが時間が取れない

このような場合にピッタリの【無料】一括査定サービスがあります。

ネットからの簡単な入力(最短で1分かからない)で複数の一流買取専門店の査定見積もりを一度に知ることのできるサービスです。


「自宅に居たまま各社の査定額を一度に比較できる」これが車一括査定の最大のメリットです。


このサービスを利用すればあなたは、

・自宅で複数の買取専門店に訪問査定をしてもらう
・各社の査定額を比べて一番高額のところに買取ってもらう

の二つを実行するだけで絶対損をせずに車を売ることができるというわけです。


何社もの訪問査定に立ち会う時間が取れなければ、
メールで各社の査定額を比べて買取店を選ぶこともできますし、 選んだ1社だけに訪問査定をしてもらうこともできます。(申込み時に「メールで査定を比べてからこちらから連絡する」旨を記入すればOK。)


■車の一括査定はこんなに便利■

チェック一度の入力で複数の買取業者の競争による最高査定額を知ることができる
チェック査定マンが自宅に出向いて詳細な査定をしてくれる(無料訪問査定)
チェック24時間いつでも1~数分程度の簡単な入力で申込みできる


車種・年式などを入力するだけで査定額を一括比較 詳細はコチラ
こちら こちら こちら


 車の一括査定のサービスはたくさんあります。
実績・定評で特におススメのものを紹介してみましょう。
どれも成約手数料などの心配の無い「完全無料」ですので安心して利用できます。

こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


一括査定の使い方と注意点

車 売る

■ネットから必要事項を入力して一括査定を申し込む

このサイトで紹介しているような一括査定サイトで、入力欄にメーカー名、車種名、年式、走行距離、個人情報を記入して一括査定を申し込みます。

かんたん車査定ガイドなどのように入力が簡略化されているサイトなら本当に1分もかかりません。


■無料出張査定を行う日にちと時刻を決める

一括査定を申し込むと、早いところでは1時間も経たないうちから「車を査定させてください」という電話連絡が入ることになります。

あらかじめ査定を受ける日にちと時間帯を決めておき、各社の出張査定が重ならないように日程を決めます。

査定マンによる実車の査定は1~2時時間かかるので、査定の立会いに何日も割けない場合は初めから2~3社に絞った方がいいかも知れません。

「概算額を比べてから査定を受けたい」と申し入れても応じない業者やしつこく電話してくる業者は候補から外せばいいのです。

地域によって違いますが、「最大10社」「最大8社」といっても実際に見積もりに応じるのは大体3~4社になりますから、そうなった場合はそれでちょうどいいのかもしれません。

時間がとれてもっと多くの業者の査定を受けたいという場合は、別の一括査定にも申込みをするという方法もあります。

■査定に立ち合う

査定マンによって違いがあるでしょうが、出張査定は1時間~2時間かかるのが通常です。

何社もの査定を受けるのですから各社の査定額や買取条件などを混同しないようメモを準備しましょう。

査定マンは「今日決めてくれたら2万円載せましょう」などと即決を迫るでしょうが、全社の査定が一通り終わる前に即決するのは避けましょう。

「各社の条件をよく比べてから貴社にお願いするときは明日にでもこちらから連絡します」というように、一旦冷却期間を置いて売却先の決定を行いましょう。



ローンの途中で車を売却したい場合もあるでしょう。
そんな時こそ無料一括査定を活用して高額売却を目指しましょう。
売却額は現金持ち出し額に直に響いてくるからです。

自動車税の還付にご注意!

査定額はA社の方がB社より1万円高いが、
自動車税の還付を含めるとB社の方が受け取る金額が多くなる。

素人にはちょっと分かりにくいのですが、これは実際に起こり得る話です。

■一年分を前払いする自動車税

自動車税は、1年分(4月~翌年の3月分)を前払いすることになっているので、年度途中で名義変更をすれば過払い状態になっている余剰分の自動車税が月割りで返金(還付)されるしくみになっています。

ですから車を売った場合、名義変更の翌月分からの自動車税の余剰分が買取店から還付されるのが本来の姿です。

排気量によって異なりますが、時期によっては還付される金額は数万円にもなります。

■月割りの還付を行わない買取店がある

ところが、車買取店の中には「自動車税還付込みの買取額」「車両代金に含まれている」などという形でこの還付が行われない所もあるのです。

自動車税はあくまで税金であり車両代金に含めるべきものではないのですが、現実にこのような買取店があるのも事実であり注意しなければなりません。

電話連絡や出張査定の時などに「自動車税は戻ってきますよね?」などと必ず確認しておきましょう。

■還付も含めた受け取り金額で比べる

「自動車税還付込みの買取額」を提示する業者が混じった場合は、還付も含めた受け取り金額でどこが一番高額になるのかをチェックしましょう。

なお、軽自動車の場合は月割計算のしくみになっていないので、年度途中の自動車税の返還はありません。

買取契約の時のチェックポイント

車の売り先が決まれば、買取契約書(正式には自動車売買契約書)にサインして契約成立ということになります。

言うまでも無いでしょうが、契約書にサインをしたということは契約書の内容を承諾したということになります。

サインしてしまってからでは契約書におかしい点があっても後の祭りです。

サインする前に出張査定時に作ったメモなどで重要なポイントをチェックしましょう。

■確認しておきたいチェックポイント!

・買取り金額 … 言うまでも無いですね。決めたときの金額になっているか確認です。

・支払日・支払い方法 … 振込みの場合、契約日ではなく後日振込のケースもあるので要確認です。

・契約日や車輌引渡し日

・リサイクル券に関する項目

・名義変更手続きを行なう時期 … 重要ですのでどのタイミングで行われるかをチェック。

自動車売買契約書の全ての内容に目を通すというのは、はっきりいって面倒くさいものです。

これらの重要な点を中心に目を通し確認すればいいでしょう。

車種・年式などを入力するだけで査定額を一括比較 詳細はコチラ
こちら こちら こちら

転勤などで引越し前に車を処分したい、忙しくてゆっくり交渉をしていられないなど、車を急いで売りたい場合があります。

ここで気をつけたいのが、車を高く売りたいのならどんな事情であろうと急いで売りたいことが業者に悟られないようにすることです。

一括査定を申し込むと複数の業者から連絡があり、これはという業者を選んで出張査定を受けることになります。

業者にとっては当然この出張査定のときが話を決める大きいチャンスであり、「今日決めていただければ○万円上乗せします。」などと買取のプロとしてのテクニックを駆使して話をどんどん進めてきます。

車を急いで売りたい気持ちがバレてしまえば、「オークション相場の動きが早いの何日かしたらこの価格は付けれないかもしれませんよ」など、そこにつけこみ更に業者の攻勢は強まることでしょう。

足元を見られずマイペースを保つために、急いでいるそぶりも見せないようにしましょう。

男性よりも女性の方が高額で車を売るケースが多いといいます。

車のことはあまりわからないので、買取のプロといえども付け入る隙を見つけにくく、自然とマイペースの交渉になるからなのかもしれません。

くれぐれも相手のペースにはまってしまわないように気をつけましょう。



軽自動車 任意保険相場

このページの先頭へ